音楽狂信者のブログ

音楽やオーディオについて書くブログ。

【ハイレゾ】Luxury&Precision L3着弾!!!【DAP】

f:id:kimamaaudio:20181012132054j:plain

ついにこの時がやってきてしまった...

DAPが届いたんですのよ。Luxury&Precision(長いので以下L&P) L3が!!!

もう人生で何台目かわかんないほどDAP買ってきたけど、やっぱり新しいDAP着弾は嬉しいですな( ͡° ͜ʖ ͡°)

さて、そんな新DAPであるL&P L3ですが、以前使っていたDP-X1Aと比べてぶっちゃけどうなのか。そこら辺も踏まえて書いていきたいと思います!!!

 

では、続きから↓

 

まず目を引くのがデザインだと思うの。めっちゃかっこよくない?

ボリュームノブや本体上部のボタン、液晶の微妙な割合といい、一目見ると「デザイン重視かな?」とか思ってしまいますよ(^_^;)

で、実際の音質は... とその前に。まず箱と外観の写真を載せなきゃですよねー。

 

f:id:kimamaaudio:20181012132125j:plain

高級感あります。何やらAK Jrの箱に似ている長方形の薄型の箱ですね。

Jrほど薄くはありませんけど。

うっすらとL&Pの社名が入っている箱です。

f:id:kimamaaudio:20181012132140j:plain

 

中身

f:id:kimamaaudio:20181012132207j:plain

今回付属品は省きます。書類とケーブル、後述するケースしか入っていないので。

本体も高級感がありますねえ、さすがですわ。

こうやって鎮座していると、アニメとかゲームで出てくる何かの重要なデバイスに見えてきますね(アタッシュケースとかに入ってるアレ)

ていうか、改めてマジでかっこよくないですか?

かっこよすぎて逆に(音質面で)不安になるくらいですよ。

見た目に反して重さはそこまでではないので、持ち運びに不便な感じはしないですね。

サイズ感もちょうど良い(AK70よりふた回りくらい大きいくらいかな?)ので外出用DAPにはもってこいですね!!!

 

レザーケース(本体装着)

f:id:kimamaaudio:20181012132315j:plain

グレーといいますか、ねずみ色といいますか。

とにかく落ち着いた色合いの革製ケースがついてきました。

最近のミドル〜ハイクラスのDAPは大体ケースを付けてきますよね。

いい流れだと思う。本当に。新しいデバイス買うと意外と高くつくのが周辺機器だからねえ。特にケースは価格帯が幅広いから、デフォでそこそこのを付けてくれるのはほんとありがたい。

 

以上が箱&外観でした。やはり写真で見るより数段とかっこよくて高級感がありますね。

特に気に入っているのが本体上部のデザインですか。

ボタンからノブにかけてのフォルムがかなりいい味を出していますね。

どちらかというとソリッドなデザインなので、角が立っているのが嫌な人には向いていないかも。

 

さて、肝心の音質を... とその前にもう一つだけ、書いておきたいことがあります。

それが、L3で散々酷評されていた操作性バグ、主にFWの点です。

私が購入したL3は元から1.0.0.6が入っていまして。

最新ではなかったのでちょうど酷評時の操作を試すことができました。

まず面倒に感じたのが画面のスクロールができなかったこと。

タッチパネル付きなのに、スクロールはサイドのボタン(流石に物理キーではない)で行うという、なんとも一昔前の中華製DAPのような利便性の悪さ。

レスポンスはそこそこ良かったので、ここは不安が的中しないで良かった。

ていうかぶっちゃけ、これ以外に不満点ってなかった

スクロールできないのは厳しいけど、音源に関してのバグもなかったしレスポンスが悪かったりフリーズしたりすることもなかった。

で、FWを1.0.0.9にアプデした途端に操作性も改善され、私にとっては不満点がないDAPとなりました( ͡° ͜ʖ ͡°)

なので、バグや操作性を心配されている方はご心配なく。

 

 

 

いよいよ肝心の音質についてですね。

第一印象は、「かっちりした音を鳴らすなあ」でした。ていうか今も変わっとらん。

ウォーム系の音では断じてないですね。

どちらかというとモニターライクな、透き通っていて若干冷たく鋭い印象を与える音だと思います。

安物ヘッドホンでここまで違いがわかるので、そうなのでしょう。

ただし、刺さる感じは一切なく、なんというかDP-X1Aに音の傾向は似ているのかもしれません。

ウォーム系の音を聞いていると頭が若干重く痛くなってくる私にとってはかなり良い選択だったんじゃないかな?

中華製DAPなだけあって、KZあたりのイヤホンと相性が良さそうな感じがしますねー。

開放型ヘッドホン(駆動できるかは謎)も合いそう。

とにかく広がりのある澄んだ音なので、人を選ばず万人ウケしそうですね。

正直言ってこの音が1万8000円(送料手数料込み)で手に入ったのは破格も破格だと思います。もともと音に関しては5万円以下のDAPにしてはかなり良い方という評価だったので、2万以下で手に入れた私は勝ち組じゃね?

個人的に向いているなと思ったジャンルは... って書きたいところなんだけど私こういうの苦手だから、とりあえず「どんな曲もある程度そつなくこなす」とだけ書いておきます(^_^;)

 

バッテリー持ちについて、充電時間について。

今回状態はかなり良かったものの中古品ということで、バッテリーの持ちが心配されます。メーカー公表10時間再生はまず持たないでしょう(前の持ち主さんの使い方にもよる)。

まあここら辺はおいおい、使ってて不便に感じたら有償バッテリー交換やってると思うので換えてもらうとして。

今のところ、MAX充電まで4時間かかるかかからないか。Amazonのレビューにあったのと大体同じでした。

AKもそうだけど、バッテリーの充電時間長いよねえ(^_^;)

こりゃあんまり良くないけど、寝る前充電必至かもね。

 

最後に。

なかなか満足度の高いプレイヤーで、DP-X1Aにはない良さを見せてくれました。

無論、バッテリーの持ちやOSの完成度などはあちらに軍配が上がりますが(あっちはAndroidだし)。

単純にいい音を持ち歩きたい、ソリッドなデザインが好き!!!

という方は買いなのではないでしょうか?

もっとも、今の時点、今の相場でこのDAPを選ぶメリットもそこまでないかもですけど(^_^;)

私のように偶然格安で手に入れる機会があれば、手元に置いておいても良いかも。

それでは、長くなったのでこの辺でー。

ではでは。

 

おまけ

ミドルクラスにしては珍しく、ラインアウト端子が別枠でついてます。

f:id:kimamaaudio:20181012132336j:plain

ポタアンつなげたりするとき嬉しいですよね。

そのせいで下部にジャック類が4つ並ぶというなかなか見ない光景になってますけど(^_^;)